ブライダルビューティー

白無垢の意味

 和の衣裳は基本的には白無垢ですが、色打掛などでもかまいません。

  しかし、白無垢には深い意味が込められていて、一生に一度しか着れないものなので、和婚をする方には是非着ていただきたいものです。白無垢は伝統的な和婚衣装です。白い掛下の上に、白い打掛を羽織ります。帯や下着もやはり白。白いウエディングドレスと同じで、花嫁の「清純無垢」を表しており、「邪気を払い、神聖な場に臨む」という意味も持っています。

池袋で結婚式ならホテルメトロポリタン
池袋で結婚式ならホテルメトロポリタンがおすすめ。厳粛さとモダンデザインが合わさった儀式殿での神前式は、夫婦の絆をより強く感じることができます。白無垢、色打掛、多数取り揃えています。まずはブライダルフェアにて神殿の見学や相談会などお気軽にご参加ください。

 また、死ぬ覚悟で嫁ぐという意味を込めた死装束で花嫁の覚悟を表すものと言われ、胸に入れる懐刀もその強い決意の表れです。白無垢の"白"は精神的な崇高さが様式美となったものなのです。

 また、白無垢に合わせる綿帽子は、白い袋状の帽子で、かつらの上に被ります。「花婿以外の男性に顔を見せないように」との意味があり、"奥ゆかしさや恥じらい"を表しています。

フェイシャルグッズ